やりたいことやる、やめたいことやめる。

【クラロワ】2.6ホグのススメ: デッキと基本的な立ち回りの紹介

ぼー。

どーも!ホグライダー使いのぼーです。

皆さん!

クラロワで一番有名なデッキって何だと思いますか?

僕は少なくとも日本では2.6ホグデッキが一番有名だと思います。ということで今回はそんな超有名な2.6ホグデッキについて解説してみたいと思います。

2.6ホグデッキとは?

2.6ホグデッキは、いわゆる高回転ホグライダーデッキと呼ばれるタイプのデッキの一種です。その中でもエリクサーの平均コストが2.6のテンプレデッキのことを指します。具体的には下記の画像デッキです。

2.6ホグデッキの特徴

  • 手札回転が早い(高回転)
  • 防衛メイン
  • 色んな敵への対応力が高い

ちなみに、日本人で初めてシーズンをグローバル1位(世界1位)を取ったJACKさんはこのデッキを使っていましたし、日本ローカル1位を取ったシイスさんもこちらのホグデッキで取っています!

そんな有名な2.6ホグデッキを僕もメインで使っているので、使用感も含めてオススメな理由と簡単な立ち回りを紹介したいと思います。

今の所メインで使ってます!

ぼー。

2.6ホグはなぜオススメ?

トッププレイヤーが使っているというのもそうですが、2.6ホグデッキには色んな魅力があります。

色んなデッキに対応できる

高回転ホグライダーの魅力は、色んなデッキに対応できることです。基本的には防衛がメインなのですが、高回転で回せることで苦手なデッキでもなんとか対応できます。

例えば高回転ホグライダーデッキの場合は、空をメインにしたデッキに弱いとされていますが、これも高回転で対空(マスケット銃士)を回せることで回避できます。また、基本的に防衛のメインとしてタワーでの攻撃も用いるので、タワーは陸空両方対応できることから、色んなデッキに対応できるのです。

結局強いデッキ(アリーナで勝てるデッキ)って何なのかを考えてみると、色んなデッキに対応できるのが最も重要だと思います。その点で、JACKさんがグローバル1位、シイスさんがローカル1位を取れたことからも、2.6ホグデッキが色んなデッキに対応できることが分かります。

ぼー。

どんなデッキでもかかってこいや!

低コストで作成できる

デッキ構成を見てもらえば分かると思いますが、ローリングウッドこそウルトラレアですが、それ以外はノーマルとレアのみでデッキが構成されています。

貧乏ホグ

ちなみに下記のカードを変えることで、2.6ホグよりもさらに低コストで高回転ホグが作れる「貧乏ホグ」というデッキがあります。ここから2.6ホグに入れ替えることもできるので、コスパ最高なデッキですね。

  • ローリングウッド(ウルトラレア) ➡️ ザップ(ノーマル)
  • アイスゴーレム(レア) ➡️ ナイト(ノーマル)
  • マスケット銃士(レア) ➡️ アーチャー(ノーマル)

カードパワーの関係かも知れませんが、入れ替えたカードによっては、スケルトンをゴブリンに変更するのも、やりやすいかも知れません。

無課金・微課金に優しいデッキ

ぼー。

PS(プレイヤースキル)が上達する

2.6ホグの場合は、高回転+防衛メインのデッキです。基本的に高回転デッキでも防衛メインデッキでも両方ともプレイングが難しいデッキです。その両方にあたる2.6ホグデッキは他のデッキと比べてもPSが要求されます。なので、2.6ホグデッキを使っていると自然とプレイヤースキルが身に付きます。

ぼー。

もっとPS上げなくては...

有名なので参考動画が多い

上記でPSが必要で難しいと書きましたが、有名なデッキなので、参考にできる動画が多いためこの点も解決できます。

色々な方が、様々なユニットへの対策法を動画にして上げているので、むしろ簡単なデッキよりも早く使いこなせるようになるかも知れません。

【クラロワ】2.6ホグ練習用!2.6ホグの立ち回り参考動画まとめ
プロ選手がいっぱい動画あげてくれてますよ!

ぼー。

2.6ホグの 基本的な立ち回り

これから2.6ホグ(高回転ホグ)を使って見たいという方に、基本的な立ち回りも紹介しておきます。

2.6ホグの基本的な立ち回り

  • 防衛メイン(攻撃しない)。
  • なるべく1コスユニットで守る。
  • マスケを大事に。
  • ホグのタイミングに気をつける。

それでは一つずつ解説していきます。

① 防衛メイン(攻撃しない)

とにかく重要なポイントとしては防衛メインにすることです。言い換えると自分からは攻撃しないでカウンターを中心に少しずつ削っていきます。

このデッキは低コストでエリクサーアドバンテージを取っていくデッキなので攻撃でエリクサーを消費してしまうとすぐに負けます。基本的にカードパワー自体が弱いのでタワーからの攻撃ありきで戦います。

とにかくタワーに頼ろう!

ぼー。

② なるべく1コスユニットで守る。


上記はプロ選手のけんつめしさんが同じチームの2.6ホグ使いであるJACKさんに教わっているツイートになります。

ツイートに書いてありますが、普通のプレイヤーがマスケを使う部分であえてアイスピを使っていることから分かるように、とにかく1コスユニットで処理できるときは1コスユニットを使います。

基本的には1コスユニットで防衛する場合は、相手のユニットを自陣に引き入れたところに配置します。そうすることでタワーからのダメージがしっかり入るので1コスユニットでも十分防衛できます。大きめのユニットが来た場合は、1コスと2コスユニットを上手く使って防衛しましょう。

③ マスケを大事に

マスケット銃士はこのデッキでホグライダーに並んで最もエリクサーコストの高いカードであり、アイスピを除けば唯一の対空ユニットになります。

なのでマスケット銃士がすぐやられてしまうと、エリクサーアドバンテージは取られるし、空からの攻撃に全く対応できません。

マスケット銃士は防衛の要なので、とにかくマスケット銃士を大事に使いましょう。なるべくアイスピ、スケルトン、アイスゴーレム、ホグライダーなどを使ってマスケット銃士を延命するとだいぶ戦いやすくなると思います。

④ ホグのタイミングに気をつける。

防衛の要がマスケット銃士なら、攻撃の要がホグライダーになります。最初の内はホグライダーを出したくなると思いますが、基本的にはこちらから攻撃せずに、カウンターで攻撃できるタイミングで攻めましょう。このタイミングは相手のデッキによって変わるので、一応良くあるパターンを書いておきます。

敵ユニット タイミングや対策
スケルトン部隊  ローリングウッドを同時に出す。
ゴブリンギャング  ローリングウッドを同時に出す。
ガーゴイルの群れ  ファイアボールと同時に出す。
ウィザード  ファイアボールと同時に出す。
ペッカ  逆サイドに出す。
ゴーレム  逆サイドに出す。
メガナイト  逆サイドに出す。

上記に各ユニットの対策等を書きましたが、相手がホグライダーに対応できるユニットを持っている場合は、基本的に先に使わせてからカウンターで出すようにしましょう。

相手が大型ユニットの場合は、逆サイドに出すことで相手もホグライダーに対応しなければいけないので、相手に攻めの形を作らせないようにできます。

インフェルノタワーや大砲などの防衛施設系のユニットが出てきた場合は、高回転で回して相手の施設ユニットが手札に来てないときに出しましょう。防衛施設系ユニットを相手が持っている場合は、なかなか攻撃の機会がないので、ファイアボールとローリングウッドなどの呪文で削って勝ちにいくというプランも考えておいた方が良いです。

2.6ホグデッキでPSを磨こう!

いかがでしたか?

2.6ホグデッキはPSが要求されるデッキなので、初心者は敬遠しがちですが、低コストで初心者で無課金の方にこそオススメです。プレイ動画もいっぱいあるので、PSを上げるのにオススメですよ!

ぼー。

2.6ホグで天界目指すぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です