やりたいことやる、やめたいことやめる。

ブログでどうやって稼ぐ?ブロガーの仕組みについて詳しく解説!

ぼー。

どーも!雑記ブロガーのぼーです。

最近では「ブログで稼げる」と耳にすることが増えてきたかもしれませんが、一般人からすると「詐欺か?」と思ったりするかもしれません。

一体どうやって稼いでるのか仕組みを知らないと、なかなかイメージがつきにくいですよね。

そこで今回は、ブロガーとしてブログで稼ぐ仕組みについて紹介したいと思います!

ブログは怪しいビジネスじゃないよ!

ぼー。

ブログってなんだ?

そもそも論になりますが、ブログが何か皆さんはご存知でしょうか?

ブログ(blog)とは元々「weblog」するの略でインターネット上(web)で、日記や覚え書き、論評(log)をするものです。

一時期芸能人がブログをやるのが流行っていたからか、ブログと聞くと芸能人がやっている日記みたいなものというイメージがあるかと思います。確かにこれもブログではあります。

しかし、そういった日記のようなブログだけでなく、皆が知らないような経験を書いてみたり、商品レビューを書いてみたり、飲食店の紹介を書いてみたりなど、読む人が役に立ったなぁと思える記事が書いてあるものもブログです。

素人でもできるのがブログ

そんなこと言ったって芸能人やなんかの専門家じゃないのに、みんなの役に立つものを一般人が紹介できるの?

と思うかも知れませんが、皆さんに思い出してもらいたいです。Amazonで商品を購入するときにAmazonレビューを見たりしませんか?それって短い文章ですが参考になりますよね!

もちろん、あそこまで短いとブログの記事としてはダメかも知れませんが、あんな少ない情報でも役立ったなぁと思う人はいるんです。むしろ本当に情報を必要としている人であればあるほど、どんなに小さな情報でも色んな人の意見や経験を知りたいと思うものです。

ですから、僕たち一般人でも人が必要としている情報を紹介できるんです!

そして、そんなブログを書いている人達はブロガーと呼ばれます。次からはブロガーがお金を貰える仕組みについて解説していきます。

ブログは広告で稼ぐ

一般人でも役立つ情報を書けることは分かったと思いますが、それではどうやってブログで収入を得るのでしょうか?

実はその紹介した商品などを販売している会社が「広告料」として紹介してくれた人にお金を払ってくれるのです。

芸能人がこぞってブログを始めていたのもこれが理由で、色んな商品を写真付きで紹介したりすることで、商品を販売している会社から広告料を貰って稼いでいたのです。読者からすれば、憧れの芸能人と同じ商品が使えるのはとても魅力的なので、ファンの人は購入してくれるでしょう。そうすることで商品を販売している会社は儲かるという仕組みになっています。

読者には「役立つ情報、魅力的な情報を教える」、広告主には「購入者を増やす」というのを達成する仕事がブロガーということになります。

ブログの主な収入源には、下に示したようなものがあげられます。

  1. クリックされたらお金が稼げる(PPC広告)
  2. 商品やサービスが売れたらお金が稼げる(アフィリエイト)
  3. 商品やサービスを宣伝するだけでお金が稼げる(純広告)
  4. 自分自身の商品やサービスを売ってお金を稼ぐ(オンラインサロン、note、ココナラ)

一つ一つについて詳しく解説していきます。

① クリックされたらお金が稼げる

いちばん簡単で有名なのは「クリックされたらお金が稼げる」広告を自分のブログに貼ることです。

これは「クリック報酬型広告、あるいはPPC広告」とも呼ばれていて、その中でもGoogleがやっている「Google AdSense(グーグルアドセンス)」が一番有名です。

Googleで検索すると、検索結果の最初に広告がでてくると思いますし、最近ではYouTuberという言葉も出てきたようにYouTubeにもGoogleの広告が出てきますよね。

実はそんなGoogleの広告も自分のブログに貼ることができて、クリックされることでお金を貰うことができるんですよ!

② 商品やサービスが売れたらお金が稼げる

企業が売り出している商品やサービスを、ブログで紹介してその「紹介料」を貰うのも、ブログで稼ぐ方法のひとつです。

このような方法は「アフィリエイト」と呼ばれていて、大体の場合はASPと呼ばれる仲介業者を挟みます。

ブロガー以外も知っている有名なASPで言うと、Amazon (アマゾンアソシエイト)、楽天(楽天アフィリエイト)などがあります。

Amazonや楽天で売っている商品を紹介して、それが読者に購入されてると何%かのお金が紹介料としてもらえるという仕組みですね。あそこまでたくさんの商品が売られているAmazonや楽天ですから、ほとんどのものが紹介できます。

ただしAmazonや楽天が取り扱わないような商品もそれなりにあって、そういった商品を紹介したい場合はその他のASPを使うことになります。

③ 商品やサービスを宣伝するだけでお金が稼げる

テレビ番組や電車の中吊り広告って特にクリックなどをしなくても広告として機能していますよね。この仕組みと同じように商品やサービスを宣伝するだけでお金が稼げるものを「純広告、あるいはPR」と呼びます。

いくらとても良い商品を開発しても、人に知られなければ売れません。ですから色んな人に見て貰うことで、購入者を増やすことができるため、商品を売りたい人が宣伝できる人(この場合はブロガー)にお願いするのです。

先ほど書いた芸能人がやっていたブログはこのスタイルで稼いでいる場合が多いです。例えば洋服を売りたい場合に、カリスマ有名モデルが宣伝してくれれば皆買いたくなりますよね!

このように、自分のブログと相性の良い商品やサービスがあれば、企業は直接そのブログに広告を載せてもらったほうが効果的と判断するかもしれません。企業は自社の商品やサービスに合う人が集まるブログに広告をだせて、ブロガーも広告費用がもらえる。まさにWIN-WINです。

実はこのタイプの広告は①②の広告よりももらえるお金が大きかったりします。

④ 自分自身の商品やサービスを売ってお金を稼ぐ

自分自身で販売したい商品やサービスがある場合は、自分で集客をして自分で売ることができます!

例えば、イラスト、ブログ作成、動画作成、音源作成などですね。具体的な商品販売だとハンドメイドのアクセサリーなどもありますね。

この場合は何かしらのスキルが必要になりますが、これからスキルを身につけることも十分可能です。

例えば趣味でしていることが誰かの役に立つこともあります。

その場合、ココナラやクラウドソーシングサービスなどを仲介することで自分の商品やサービスを売ることができます。

また、自分自身が魅力的な人なら、イベントやオンラインサロン(ファンクラブみたいなもの)を立ち上げてお金を稼ぐこともできます。

ブログで稼ぐ仕組みは宣伝!

ブログで稼ぐ仕組みは広告収入が中心ですが、④で書いたように自分のサービスに繋げたりと使い方はさまざまです。

  • クリックされたらお金が稼げる(PPC広告)
  • 商品やサービスが売れたらお金が稼げる(アフィリエイト)
  • 商品やサービスを宣伝するだけでお金が稼げる(純広告)
  • 自分自身の商品やサービスを売ってお金を稼ぐ(オンラインサロン、note、ココナラ)

これらを見ると分かる通り、基本的に「宣伝」するのがブロガーの役割です。

一見すると「宣伝」するのは難しいことかも知れませんが、実は知らず知らずのうちに宣伝している人もいます。

例えば友達の中でも人気のあるい人が、使っているものは知らず知らずのうちに他の友達も買っていたなんてことありませんか?

あるいは自分が使っているパソコンについて友人に聞かれて、その結果その友人も同じパソコンにしたとかありませんか?

「宣伝」と聞くと凄いことをしているような気もしますが、意外と誰でもできることだったりするんです。

もちろんこれで稼ぐというのは簡単ではないかも知れませんが、是非僕と一緒にブロガーにチャレンジしてみませんか?

ぼー。

ちょっとでも気になったら一緒にチャレンジしてみよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です